スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

おいしくて簡単なダシの取り方☆作り方♪ダシを取った後はどうするの?

ぴよたまむは時間があるとダシを取ってそれからお料理を作ります。
その方がおいしいし栄養があるから~♪
面倒だと思って粉末のものを使うこともあるけど、やっぱりちょっぴり違う。。。

簡単なダシの取り方を書こうと思ったら、ちょっと前に新聞に西川ヘレンさんの出汁の取り方を書いてました。
(毎日新聞 2010年4月20日 夕刊)
ぴよたまむの出汁の取り方もほとんどおんなじなんで、びっくりしました。
ただ、一度に5リットルは作りませんよぉ(>v<)
ぴよたまむは10分の1か5分の1ってところですね。
500ミリ~1リットルあれば2人家族で2~3日は持ちます。
まぁおうどんとかおそばとかの汁ものとか、たこ焼を作る時はすぐになくなっちゃいますけどねo(*^▽^*)o


ヘレンだし(5リットル分)
【材料】
1・水5リットル
2・干しシイタケ5~6枚
3・昆布15センチの長さを2枚
4・にぼし ひとつかみ
5・かつおぶし 2つかみ強

【作り方】
鍋に1~4(水・干しシイタケ・昆布・煮干し)の材料を入れる。
沸騰したら5(かつおぶし)を入れる。
かつおぶしを入れたら火を止めて、そのまま20分以上置いてからこす。

【出汁を取るときの注意点・おいしく作るポイント】
☆しいたけなどの材料を箸で押さえつけないこと。
早くおいしいダシをとろうとして押さえつける心理は分かりますが、残念ながら出汁が濁るし腐りやすくなります。

☆越すときには水滴がついていない、完全に乾いた容器とざるを使用すること。
水分が残っていると出汁が腐りやすくなります。

【保存期間】
冷蔵庫で寝かしておけば夏は2~3日、冬は1週間ぐらい持つ。
小分けにして冷凍して保存してもOK。

【出汁を取った後の材料はどうするの?】
捨ててはいけません(><。)
もったいないし、栄養はまだ残っています。

醤油と砂糖・みりんなどで甘辛く味付けて佃煮風にしたり、細かく刻んで野菜いためやお肉を炒めるときに一緒に入れて炒めると風味が出ておいしいです。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。