スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

酸っぱいものを食べると耳の下が痛くなる理由

学校では教えてくれないそこんトコロで、酸っぱいものを食べると耳の下が痛くなる理由を説明していました。
ずっと不思議だったんで、分かってよかった~☆

★酸っぱいものを食べるとアゴの付け根(耳の下)が痛いのはなぜ?
唾液と痛みとは関係がある。
酸味のある食べ物は体が危険なものと判断するため
腐った食べ物は酸っぱくなっていることが多い。本能的にそれを洗い流そうとしている。
唾液腺という唾を出すところがある。唾液を出すときに筋肉が収縮するので痛みとして感じる。

★痛みを感じずに酸っぱいものを食べる方法
レモンを食べても酸っぱくならない裏ワザ
酸っぱい食べ物は体に良いと言われているのでおいしくたくさん食べるためにはどうしたらいい?
重曹をレモン(すっぱいもの)に振りかけて食べる
重曹とは?・・・ふくらし粉などで使用されている。
重曹の成分に秘密がある。→アルカリ性の重曹がレモンの酸を中和している

不思議な赤い実「ミラクルフルーツ」を食べると酸っぱい果物が甘く感じる。
ミラクルフルーツとは?・・・ミラクリンという成分が下の上に残りミラクリンと酸が合わさると甘みを感じる。
サジージュースで実験。
サジーとは中国原産のグミ科のフルーツ。レモン同様酸味がある果物。

★年齢により酸味を感じる感度が変わるのはなぜ?
年齢を重ねるごとに酸味があるものを食べる回数が増えるので体が慣れる。


★桃尻(ももじり)とは?どんな意味?・・・乗馬が下手な人のこと
昔の桃の形は今のように丸くなく、下のところがとがっていた。
そんなお尻の形だと馬に上手に乗れないというところからきた言葉。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。