スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2036年に地球に隕石がぶつかるって本当?

2036年に小惑星が地球に落ちてくるそうですっ!
知ってましたかぁ?
そういえばそんなこと聞いたことあるって思ってたけど、隕石がぶつかるなんてありえないって思って忘れてました。

テレビの説明でも言ってたけど、毎日毎日、たくさんの数の隕石が地球に落ちてきてるんですね。
地球の周りにある隕石が、地球の引力に引き寄せられて落ちてくるんです。
でも、なんで地上に落ちないかって言うと、大気圏に入った時に摩擦熱ですっごく熱くなって、隕石自体が溶けて消滅しちゃうんです。

で、それが夜に見えたら、流れ星☆ミ
流れ星ってどうやって起こるの?とか流れ星の仕組みですね。

だから、大丈夫って思ってたんですけど、2036年に地球上に降ってくる隕石はちょっと違うみたいです(T0T)


説明によると、こんな感じでした。
地球の周りにアポフィスという小惑星(隕石の名前)が、地球と同じ軌道で回っている。
2029年に地球に大接近して、2036年に地球にぶつかると言われている。
もし、ぶつかるということが分かれば国連などから情報が入るそうです。

怖いなぁ。。。

2010年7月17日放送の人志松本の○○な話で言ってました∑(゜Д゜!!|)
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。