スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

トマトのリコピンとは?熱中症の予防に♪

熱中症を防ぐには水分をたくさん取ることが大切だと言われますが野菜をたくさん食べることも熱中症予防になります。
夏野菜は他の季節の野菜と比べると水分が豊富です。

夏野菜の代表格といえばトマト。トマトの赤色の素となるリコピンは、抗酸化力が強い野菜として有名です。
ベータカロテンの2倍、ビタミンEの100倍もあります。
また抗ガン効果の高い野菜として知られています。

なぜトマトにはリコピンがあるかという理由は、太陽の熱でトマト自らが酸化されるのを防ぐためにトマトが生み出したものです。


トマトにはうまみ成分のグルタミン酸が含まれているのでお肉との相性がとてもいいお野菜です。
ハンバーグやメンチカツの上に輪切りにしたトマトとスライスチーズをのせたり、お肉をトマトソースで食べたり♪
トマトの酸味が暑い夏にさっぱり食べられますし、グルタミン酸でお肉のうまみを倍増してくれます。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。