スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

木下ユミさんってどんな人?

★木下ユミさんプロフィール★
木下ユミ美容研究所所長
日本エステティック協会評議委員(国際副委員長)
NPO法人日本ネイリスト協会 評議員
I.B.S.コンペティション 審査員(USA)
I.C.E.コンペティション 審査員(USA)
国際美容産業情報機構(I.B.I.N.)理事
木下ユミ・メークアップ&ネイルアトリエ名誉会長

☆経歴☆
1950年 NHK(日本放送協会)入局、秘書課監事室勤務。オペラ、クラシックバレー、日本舞踊、歌舞伎の研究にはいる。
1951年 TV開始と同時にTV映像に於けるメークアップの研究に入る。日本で初めてのTVの映像メークアップ・システムを確立させる。美容師免許を取得。TV開局と同時に歌舞伎、新派、新劇TVドラマ他担当。
1953年 ベルリンフィルハーモニー専属指導者指揮者ヘルベルト・フォンカラヤン氏専属、歴代の首相岸信介氏(二期)他専属。モスクワ芸術座、イタリアオペラ専属、ニューヨーク・シティバレー、中国京劇(中国オペラ)担当。TV芸術際参加番組、芸術祭賞受賞「どたてんば」「ビルマの立て琴」「バス通り裏」木下恵介初のTV書き下ろしドラマ「流し雛」「事件記者」等数多くの番組のメークアップを手掛ける。
1960年 カネボウ美容研究所・特殊班顧問としてメークアップの基礎理論化。
1964年 フリーランスのメークアップアーティストとして、国内、海外にてマスコミ媒体活動を行う。
1970年 (株)ユミ・ビュアクスを設立。TV、CM、ファッション・ショー等数多くの話題作を担当。国内、海外の各雑誌に作品掲載、TV出演、講演担当。TV番組「木下恵介劇場」「女と味噌汁」「源氏物語」「細腕繁盛期」「肝っ玉かあさん」「あかんたれ」等の代表作があり、約月間500本近いTVドラマ、CMを担当。
1973年 原宿にビューティサロン・ユミ・ビュアクスを設立。日本で初めてのトータル・ビューティーサロンとして、ヘアー、メークアップ、アメリカンネイル、スタイリスト、トータルイマジネーターとして営業開始。山口百恵、阿木曜子、井森美幸、五十嵐淳子、竹下景子、榊原郁恵、フィンガー5をはじめとするデビュー前のスターのイメージ作りを行う。鎌倉店、白山店、目黒店、自由が丘店を開設。
1974年 ユミ・ビュアクス・メークアップスクール開設。木下ユミメークアップシステム&アメリカンネイルシステムを導入。
1981年 木下ユミメークアップ研究会発足。第一回「木下ユミ クリエイティブ・メーク」を美容専門書にて発表。更に「美容用語辞典」発刊。スクール在校生より世界のコンテストに於ける受賞者を数多く送り出す。
1983年 大阪南校開設。
1985年 日本ネイリスト協会(現NPO法人)設立と共に、理事就任。広く美容業界にネイルの重要さをアピールする役目に就く。シデスコインターナショナルコングレス日本代表審査委員として参加。ジデスコ本部(33カ国加盟)主催の各国主催のメークアップコンテスト審査委員として参加。
1990年 大阪北校開設。各番組、レコードジャケットのイメージ作り、国内、海外にて作品発表、レクチャー及び審査委員長&審査委員を担当。
1991年 3月、川内康範先生銘々「紅のすさび」を出版。「紅のすさび」は1992年4月「第1919回日本図書館協会選定図書」に決定。
4月、40年に及ぶ年月を経て作り上げた(株)ユミ・ビュアクスの会長と校長を辞任。アーティスト活動に入る。(株)ユミ・クリエイションを設立。ロサンゼルスにオフィス「オンシデューム」を構え海外の情報交換、美容専門書、女性誌等に海外の情報提供。メークアップ、ネイル、ヘアー、エステティックの情報を掲載。海外留学生、後輩の育成に貢献。
木下ユミ・メークアップ&ネイルアトリエ開設。企画、CF、劇映画のヘアーメーク、雑誌関係、スタイリスト部門、国内、海外にての講演、審査委員等幅広く活躍。新美容出版、ソワンエステ別冊号にて、第二回「木下ユミ&木下美穂里」著「クリエイティブ・メーク」を発表。美容関係、メークアップを志す後輩の教科書として話題を呼ぶ。
1997年 I.B.S.ビューティーエキスポ日本代表メークアップコンテスト審査員として参加。(以降毎年参加)
1998年 4月、ニューヨーク「Working Woman」(月刊30万部発行)に“日本を代表するキャリア・ウーマンの代表”として取材を受け掲載される。
1999年 ユミ・クリエイションアーティストチーム設立。木下ユミ・メークアップ&ネイル アトリエ卒業生による業界内外の活躍を新たにチームとして開始。
2000年 2月、I.C.E.(INTERNATIONAL COSMETROGY EXPO)日本代表メークアップコンテスト審査員として参加。
8月、木下ユミ50thアニバーサリーフェスティバルをディズニーアンバサダ−ホテルで開催。業界活動50周年を向かえる。メークアップの歴史書「改訂版・紅のすさび」出版。
2002年 シンクロナイズドスイミングのオリンピック選手団のビューティープロデューサー担当。以後、ナショナルチームを毎年担当していく。(〜現在に至る)
2003年 メークアップ&ネイルのバイブル”美容用語事典”の作成に取りかかる。木下ユミ・メークアップ&ネイル アトリエ名誉校長就任。木下ユミ美容研究所所長就任。シデスコインターナショナルメークアップコンテスト審査担当。海外に於いてコンテスト参加者のトレーナー担当、日本から入賞者5名を輩出する快挙を果たす。
2004年 シンクロナイズドスイミングアテネ大会 銀メダリスト武田・立花をビューティープロデュース。
2005年 ヨーロッパの医療と美容をジョイントさせた活動をするコデスに参加。日本に於いてのソシオエステの研究に参加。
2006年 ユミのノウハウを生かしたアンチエイジングコスメ”スーパーコンシーラ”制作。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。