スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは?

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)ってどんな病気なの?
魔女たちの22時で紹介されてたので、ちょっとだけ調べてみました。
やっぱり、まだまだ知られていない病気だそうです。

原因不明の病気になり激痛に苦しんだのにそれでも20代の息子とカップルに間違えられる51歳魔女南幸子(みなみさちこ)さんは、まだ病気は完治していないけれど、多くの人に線維筋痛症(せんいきんつうしょう)を知ってもらいたいという理由で、番組に出演したそうです。

★線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは?★
全身に激しい痛みが生じる病気。
症状としては、ガラスの破片で刺されるような痛みや電気が走るような痛みと例えられることが多い。
わずかな刺激でさえ激痛が走るので日常生活が著しく困難になる。

原因は不明。

治療法としてはロキソニンなどの非ステロイド性消炎鎮痛剤が処方されることが多い。

2007年時点での厚生労働省の調査では、日本国内では有病率は人口の約1.7%・患者数は200万人程度。
全体の75%以上が女性、20歳~60歳の中高年の発生率が高いと言われている。


関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。