スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ハメをはずす・おくび・べっぴん・指きりげんまんの意味と語源って何?世界一受けたい授業

世界一受けたい授業2011年6月4日の内容と詳細です☆
【国語】明治大学教授 中山仲美先生
みんなの日本語事典―言葉の疑問・不思議に答える

★ハメをはずすの語源は?
漢字の羽目は当て字。ハメの語源は馬をおとなしくさせる時にはめるくつわ。
その馬の口の中に入れる部分をはめ・はみと言います。その食む(はむ)という言葉からきている。
ハメをはずすという意味は、馬はくつわのハメを外すと自由に動き回って言うことを聞かなくなるということから、調子に乗って度を超すことをハメを外すと言う。
★おくびにも出さないの語源は?
語源は、げっぷ。おくび(曖気、曖)というのは、体の中に溜まったガスを口から出すこと。平安時代の終わりからある言葉。
おくびにも出さないという意味は、腹にある考えをずっと奥に隠しておくということ。
★べっぴんの語源は?
特別に優れた品というところが語源。
べっぴんは江戸時代の後期からある言葉で、歌舞伎の台本に出てくる。
漢字は別品。特別に優れた品や人物を指したものでした。初めは女性のことだけでなく男性でも優れていればべっぴんと言っていた。
★指きりげんまんの意味と語源は?
昔、女性が男性を愛しているという証拠に自分の指を切って相手に上げていたから
げんまんの意味は、げんこつで1万回ぶつということ。
★オノマトペとは擬音語・擬態語のこと
「ガリ」ショウガをかむとがりっとするから
「トンカチ」トントンカチカチと鳴るから
「こおろぎ」コーロコロ

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。